gima/ローマ発、イタリア南部特有の良質な苦みと深みを備えた本格エスプレッソが日本初上陸

イタリア人にとって、「エスプレッソ」という存在は
日々の生活の中で欠かすことが出来ないもの。忙しい朝
でもバールに寄って甘いものと一緒に、夜も食事の後に
ゆっくり一杯と。どの家庭にもエスプレッソに必要な
道具は全て揃えているので、イタリア人にとっての
エスプレッソは人生そのものと言えるのではないでしょうか。

Meisterwerk /Food Buyer

ジーマとの出会いイタリア・ローマ

一般にイタリアでは南部に行けばいくほどエスプレッソの味が苦味や深みが増すと言われていますが、GIMA「MAGICAP gima caffe」は、その典型的な南部の苦味や深みを味わえるものです。GIMAは、イタリア南部のエスプレッソをこよなく愛する二人の男が1980年代に小さな工場で珈琲をローストしたのが始まりです。その後会社は急速に成長し、今では最新鋭のロースティングマシーンを導入し、最先端の技術で珈琲を製造しています。

GIMA(ジーマ)社

1986年にローマにて設立。最高級品質のコーヒー豆を求めて、オーナー自らが産地に毎年出向き、珈琲豆の品質管理を常に行っています。尚、現在、イタリア国防省や国有鉄道に商品を供給しているほか、カナダ、シンガポール、マレーシア、韓国に販路を拡大し、700以上のカフェ、レストラン、ホテルなどで提供されています。

ジーマの特徴

徹底したトレーサビリティ

他の農作物と同様に、珈琲豆の品質も気候や天候により大きく変動します。珈琲の味の決め手となる原料の豆はオーナーの二人が毎年数回、グアテマラ、ホンジュラス、コロンビア、インド、ブラジル等の国に赴き、直接自分たちの五感を使って確認した上で仕入れるという徹底ぶり。こうした珈琲への情熱とこだわりが美味しさの秘訣になっています。

アロマへのこだわり

ローマ郊外にある自社工場で産地から届いた珈琲豆をブレンドし、210度から220度で12分間ローストして冷却。その後、豆が痛まないようバケットコンベヤーで丁寧に運び、パッキングまでの工程を香りと風味を損なわないよう全てのプロセスを60分以内に完了出来るようコントロールしております。

極上のリラクゼーション

極上のリラクゼーション

エスプレッソにはリラクゼーション効果があるとされており、食後に飲めば胃液の分泌を促し消化を助けてくれます。また、これは誤解されているようですが、エスプレッソはドリップコーヒーと比べてカフェイン量が少ないのも事実です。通常、珈琲一杯あたりのカフェイン含有量は150~300mgですが、エスプレッソは一杯あたり60~120mgとされております。

商品情報

ネスプレッソマシーン対応。南イタリアの本格エスプレッソ

GIMA

5個入り
680円
(税込  734円)
10個入り
1,000円
(税込 1,080円)
20個入り
1,900円
(税込 2,052円)

原材料:コーヒー豆(生豆生産国名:ブラジル、コロンビア、他)
原産地/製造元 イタリア/GIMA社
許認可:Iso9001:2008認定済(ビューロベリタス認定)

【ノベルティのご相談はマイスタヴェルクまで!】

ジーマを楽しめるお店

お取り扱い店舗

取扱ブランド

Copyright © meisterwerk All right reserved.

画面上部へ